国立精神・神経医療研究センター

【オンライン開催】第8回 災害時PFAと心理対応研修

【目的】
本研修は、自然災害等の災害時に必要とされる心のケア(社会心理対応)についての基本的な知識を習得し、あわせてWHO等の国際機関が開発した「サイコロジカル・ファーストエイド(心理的応急処置:PFA)」に基づいた被災者対応のスキルを実地に応用できる人材を育成するために実施されます。
第1日目にはPFAの実技研修を行います。20-30名程度のグループに分かれ、ロールプレイ、 コミュニケーションスキル訓練、シナリオに基づいた討論などを織り交ぜて、実際の対応能力の向上を目的とします。また、第2日目には、トラウマと悲嘆を含む心のケアの概論、子どもの反応についての講義を行うとともに、軽度の精神症状が残った人々の心理的回復を促すためのリカバリースキルについても研修を行います。
PFAは災害だけではなく、犯罪被害、事故などのトラウマ被害者に対しても実施できる、汎用性の高いスキルです。この機会を積極的に活用され、災害に備えるとともに日々の臨床にお役に立てて頂ければ幸いです。関係者の皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。

 
オンライン開催に伴い、研修期間を2日間から1日に変更しました。PFA研修は演習を実施せず概論のみとなり、リカバリースキル研修は行われません。詳しくは下記課程内容をご覧ください。



【研修主題】
「サイコロジカル・ファーストエイド(心理的応急処置:PFA)」に関する基本技能を習得する。またトラウマ、悲嘆、子どもの反応を含む、災害時の心理的反応を理解し、基本的な対応スキルを習得する。

開催概要

日時 研修期間:令和3 年10 月6 日(水)
 申込み期間:令和3 年7 月20 日(火)~8 月9 日(月)まで
会場

受講料 6,000円(事後払い) 
定員 80名 (応募者多数の場合は選考) 申込受付中
対象 自然災害、甚大事故、犯罪、テロ等のトラウマ的出来事に際して、実際に被災者、被害者へのこころのケア対応にあたる可能性のある、精神保健医療福祉業務に従事する医師、看護師、保健師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、行政職員、教育関係者等。 
主催
共催
協賛
内容 課程内容 

災害と心のケア-概論
PFA概論(1)
PFA概論(2)・リラクゼーション実習
災害時の子どものトラウマと反応

合計 5時間

 
備考

【注意事項】

※当研修は、お申込み完了後、1週間以内(締切8/12(木))に、職場の上司による職印(ない場合は個人印でも可)を押した推薦書の送付が必要となります。
(お申込みの前にご推薦者の氏名、所属をご確認ください。お申し込み者ご自身が施設長・部門長の場合には、推薦書の送付は不要です。推薦書の様式は、お申込み完了メールに添付いたします。
 様式は当センターのHPにも掲載しています。https://www.ncnp.go.jp/8_pfa.html

 ※登録を完了しますと必ず「お申込み完了のご案内」メールが自動送信されます。必ずメールの到着をご確認ください。
 ※ 応募の際のメールアドレスには共用アドレスを使用しないようお願いいたします。

 <オンライン研修受講に必要なもの>

・インターネットに接続しているパソコン(マイク・カメラ機能がある。または、外付けで接続したもの)、またはタブレット

・高速の通信環境:有線LAN、WiFi(無線LAN)

・メールアドレス(URLの送信などに使用させていただきます)

※ご施設によってはZoomへのアクセスが制限されている可能性もありますのでご確認ください 

 

 



お問合わせ

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 研究所事務室 研修担当
Tel:042-341-2712 内線6309 Fax:042-346-1944
seiken-kensyu@ncnp.go.jp
東京都小平市小川東町4-1-1
平日9:00~17:00(12:00~13:00除く)