国立精神・神経医療研究センター

第22回 薬物依存臨床看護等研修

【目的】
国内外の薬物乱用・依存をめぐる情勢を考慮すると、我が国の精神医療、精神保健の中での薬物依存問題はますます重要性を増していると考えられる。そのため、薬物依存に関心を持つ医師、看護師等を対象に、薬物依存の概念・現状理解、基礎知識、臨床的対応法にわたる研修を行い、薬物依存の診断、治療及び予防にかかわる医療関係者を増やすことを目的とする。

【研修主題】
薬物依存症概念の理解と薬物依存症に対する臨床的対応の普及

開催概要

日時 研修期間:令和3 年9 月8日(水)から令和3 年9 月10 日(金)まで
 申込み期間:令和3 年7 月2 日(金)~7 月25日(日)
会場

受講料 20,000円(事後払い) 
定員 50名 (応募者多数の場合は選考) 
対象 精神科病院、精神保健福祉センター等に勤務する看護師等 
主催
共催
協賛
内容 課程内容 

薬物依存症臨床総論(2.0)
行動薬理学からみた薬物依存(精神依存、身体依存)(1.5)
覚せい剤精神疾患の生物学的病態(1.5)
薬物乱用・依存の疫学(1.5)
精神保健福祉センターにおける薬物依存への取り組み(1.5)
民間回復支援施設の活動と課題(1.5)
大麻によって発現する動物の異常行動(1.5)
薬物依存症女性の理解と支援(1.5)
薬物依存症者家族の支援について(1.5)
回復と自助活動(当事者による体験談)(1.5)
ベンゾジアゼピン系薬物の基礎と臨床(1.5)

合計17時間


 
備考

【注意事項】 

※登録を完了しますと必ず「お申込み完了のご案内」メールが自動送信されます。必ずメールの到着をご確認ください。メールが届かない場合は、研修担当までメールでお問合せください。

※ 応募の際のメールアドレスには共用アドレスを使用しないようお願いいたします。

 

 <オンライン研修受講に必要なもの>

・インターネットに接続しているパソコン(マイク・カメラ機能がある。または、外付けで接続したもの)、またはタブレット

・高速の通信環境:有線LAN、WiFi(無線LAN)

・メールアドレス(URLの送信などに使用させていただきます)

※ご施設によってはZoomへのアクセスが制限されている可能性もありますので必ずご確認ください 

 

 


お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 研究所事務室 研修担当
Tel:042-341-2712 内線6309 Fax:042-346-1944
東京都小平市小川東町4-1-1
平日9:00~17:00(12:00~13:00除く)