国立精神・神経医療研究センター

第1回 災害時PFAと心理対応研修

【目的】
本研修は、WHO等の国際機関が開発した「サイコロジカル・ファーストエイド(心理的応急処置:PFA)」に従って、自然災害等の大規模災害時にトラウマに対するこころのケアに対応できる人材を育成するために実施されます。

【研修主題】
「サイコロジカル・ファーストエイド(心理的応急処置:PFA)」に関する基本技能を習得する。
また悲嘆、子どもの反応について理解し、不安軽減のためのスキルを習得する。

開催概要

日時 研修期間:平成30年5月23日(水)から平成30年5月24日(木)まで
 申込み期間:平成30年3月15日(木)~平成30年4月4日(水)まで
会場
〒187-8553 東京都 小平市小川東町4-1-1
042-341-2711
電車をご利用の場合
◆西武新宿線拝島行または西武遊園地行にて萩山駅(南口)下車、徒歩10分
◆JR 中央線国分寺駅乗換え、西武多摩湖線萩山駅(南口)下車、徒歩10分
◆JR 武蔵野線新小平駅下車、徒歩10分
受講料 12,000円 
定員 50名 (応募者多数の場合は選考) 
対象 自然災害、甚大事故、犯罪、テロ等のトラウマ的出来事に際して、実際に被災者、被害者へのこころのケア対応にあたる可能性のある、精神保健医療福祉業務に従事する医師、看護師、保健師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、行政職員、教育関係者等。 
主催
共催
協賛
内容 課程内容 (時間)

PFAの定義と枠組み (2.0)
PFAの活動原則 (1.5)
PFAロールプレイ (1.5)
セルフケアとチームのケア (1.0)
トラウマと悲嘆反応 (1.0)
子どもの反応 (1.0)
心理教育 (1.5)
リラクゼーション (1.5)
総合討論 (1.0)
                          合計 12時間
 
備考

※当研修は、お申込み完了後、1週間以内に、職場の上司による職印(ない場合は個人印でも可)を押した推薦書の送付が必要となります。
お申込みの前にご推薦者の氏名、所属をご確認ください。お申し込み者ご自身が施設長・部門長の場合には、推薦書の送付は不要です。推薦書の様式は、お申込み完了メールに添付いたします。様式は当センターのHPにも掲載しています。)

【お詫び】3/31(土)AM0:00~AM9:00の間、システムメンテナンスのためシステムが休止いたします。この間申込みはできません。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。  



お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 研究所事務室 研修担当
Tel:042-341-2712 内線6309 Fax:042-346-1944
東京都小平市小川東町4-1-1
平日9:00~17:00(12:00~13:00除く)